高麗人参は、副作用のない抗がん剤として研究が進められています。

高麗人参のがん予防パワー

日本人の死因の一位はがんです。
色々な種類のがんがありますが、多くは生活習慣や、食生活の乱れから来るものが多く、
発がん性物質も次々と解明されています。

 

高麗人参には、ガンを予防する効果もある事がわかってきています。

 

 

現代人の生活とガンの関係

現代人の生活は、ストレス、大気汚染、食品添加物等
どうしても避けられない問題があり、この問題はガンの発症に多く関連している要因でもあります。

 

生活習慣病が日本でも近年増えていますが、同時にガンもふえており
生活習慣の乱れも、ガンの増加を促す容認でもあります。

 

特に食生活は重要ですが、農薬などによる汚染、加工食品の食品添加物
暴飲暴食などが原因でがんになることが多く考えられます。

 

生活習慣を改善し、食事に気きをつけることで
ある程度のがんの発生のリスクを抑えることができますが、やはり不安は残ります。

 

高麗人参には、がんの予防効果があることが
分かってきました。

 

 

高麗人参でがんの予防

高麗人参は古くから万能薬として飲みつづけられています。
高麗人参の有効成分のサポニンは生活習慣病にも効くことが知られていますが、がんの予防効果もあることがわかってきました。

 

サポニンは、ストレスを和らげる効果、中性脂肪の量を減らしコレステロール値を下げる効果、殺菌、抗菌、抗炎症作用などがあり、高麗人参に含まれるサポニンの含有量は他の植物よりもより多く含まれ、またその種類が豊富なことで知られておりサポニンの効能が幅広いものになっています。

 

特にガンに関しては、生活習慣病が引き金となるがんに対して効果があることと、サポニンは新陳代謝を促し、免疫力を高めることが知られています。

 

日常がん細胞は発生しますが、そのガン細胞をナチュラルキラー細胞が、駆逐していきガン細胞はなくなります。

 

この状況に狂いが生じ、がん細胞が生き残って増え続け身体機能に影響をあたえるというのがガンという病気です。

 

高麗人参にはがん細胞を正常化させる機能があるという研究が多くの大学行われ、結果も表れています。

 

高麗人参のサポニンが腸内でがん細胞を自滅させる成分を作り出すことも研究結果でわかってきました。

 

がん治療には抗がん剤を使いますが、その多くは副作用がかなりきつく、ガンと本来戦う白血球も減少させることもあります。その点高麗人参には副作用がありません。

 

ただ問題なのは、即効性がないという点ですが、副作用のない抗がん剤として注目をされており研究も進められています。