アルツハイマー型認知症にも効果があり、近年研究が進められています。

高麗人参の記憶力維持、向上効果

世代を超えて記憶力の維持、向上は気になるポイントで
脳のトレーニングなどのゲームなども流行っています。
学生はもちろん、高齢者の認知症の予防にも、高麗人参が効果があると注目されています。

 

 

記憶力向上に高麗人参が効く?

学生時代、記憶力が良いか悪いかで大きく勉強の成績も変わってくるため、とても重要ですが、仕事においても、記憶力はとても重要で、顧客の顔をを覚える、仕事で需要な忘れてはならないポイントなどもあります。

 

また、近年、高齢化社会で、問題の認知症の初期症状は、物忘れが近頃多いということから始まります。
出来れば、いつまでも、しっかりとさえた頭で過ごしたいと思います。

 

記憶力の維持、向上に、高麗人参は効果があります。

 

高麗人参に含まれるジンセノイドの中で、Rb1という成分が
アセチルコリンという伝達物質の分泌を促します。

 

アセチルコリンの働きは脳内で、学習、記憶、睡眠、覚醒に対する神経伝達物資として働きます。体に対しては休息と、エネルギーの備蓄に関連した伝達を行います。

 

  • アセチルコリンは、食事から摂取したコリンという物質から作られます。
  • レシチンはコリンを多く含んでおり、大豆、卵などを食べる事で摂取できます。

 

アセチルコリンが脳に大量にある状態では、記憶力が高まり、集中力もアップします。

 

 

脳の健康増進に高麗人参

脳にある海馬という所は、記憶に関係するところです。
またストレス反応にも重要な役割を持ってます。
ストレスがたまると、海馬が働き、好転させようとしますが過剰なストレスがあると海馬の委縮が見られます。

 

海馬の健康を増強することが記憶にも大いに関与してきますが、
高麗人参には、ストレスを緩和する作用があるため、
海馬のダメージを抑えることができます。

 

さらに高麗人参は神経細胞同士の信号伝達効率を向上させる効能があります。
とても複雑な脳を使う仕事をしている場合など、高麗人参を摂ることで
脳の疲れの予防も、脳の働きの向上も見られます。

 

 

アルツハイマー型認知症の予防にも高麗人参

アルツハイマー型認知症になると、脳内のアセチルコリンの減少が見られます。
アセチルコリンの減少を防ぐことが、アルツハイマー型認知症の予防のかぎとなっています。高麗人参には、アセチルコリンの分泌を促す働きがあります。

 

そのほかにもアミロイド系のβタンパクの増加により
神経細胞を死滅させることも原因であると言われています。

 

高麗人参には、神経細胞の死滅を抑制する効果があるということが
近年の研究で明らかになってきています。

 

現在認知症に対する治療薬が未だ発見されていない状態ですが
高麗人参の認知症予防効果の臨床実験もすでに行われており、
多くの良い研究発表なども報告されています。

 

物忘れが多くなってというならば、認知症の予防のためにも高麗人参は力強い助けとなってくれることでしょう。

 

アンチエイジング効果