高麗人参は、内臓脂肪の原因である中性脂肪を減らす効果があります。メタボリックシンドロームも予防出来ます。

メタボリックシンドローム

メタボリックシンドロームとは

内臓脂肪型肥満のことで、見た目には、内臓の周りに脂肪が溜まり、お腹周りが太くなってきた状態のことです。

 

最近、お腹周りが少し太くなってきたな…と感じた時に、すぐに予防をはじめないと、糖尿病、高血圧症、高脂血症などを発症し、動脈硬化が起こります

 

動脈硬化は、日本人の3大死因と言われる病気のうち、がん以外の病気、心筋梗塞などの心臓病や、脳出血などの脳の病気を引き起こします。

 

内臓脂肪から分泌される生理活性タンパク質であるアディポサイトカインには、人間の体に必要な物質と、悪影響を与える物質があります。
そして、内臓脂肪が適切な量であれば、インスリンの抵抗力をつける、動脈硬化を防ぐなどの身体を守る働きをする善玉アディポサイトカインが多く分泌されますが、内臓脂肪が増えすぎて溜ってしまうと、血液中に血栓を作ったり、インスリンが働かない状態にしたりする悪玉アディポサイトカインが増えてしまいます。

 

その結果、血管や血液の状態が悪くなり、動脈硬化が進んでしまうのです。

 

メタボリックシンドロームは

  • 脂質
  • 糖分
  • 塩分の過剰摂取
  • 過度のアルコール摂取
  • ストレス
  • 運動不足
  • 喫煙習慣

 

から始まり

 

  • 肥満
  • 高血糖
  • 高血圧
  • 脂質異常

に進んでいきます。

 

この段階で、生活習慣を変え、食生活の見直しや飲酒、喫煙習慣を控えるようにしないと、メタボリックシンドローム、糖尿病、高血圧症、高脂血症になってしまいます。

 

そしてさらに、病気が進むと、心筋梗塞、狭心症などの虚血性心疾患、脳梗塞、脳出血などの脳卒中、糖尿病の合併症が引き起こされ、生死にかかわるような深刻な状態に陥ったり、人工透析が必要になったりし、最終的には、半身が麻痺する、認知症を引き起こす、死亡するというような結果になってしまいます。
その様なことを防ぐ為には、早めに食生活と生活習慣を見直し、高麗人参などの健康補助食品を摂取することが大切です。

 

高麗人参の効能とは